【自分語り】僕と勉強

僕は普段、あまり自分の進路選択の理由を人に話さない。

それは真面目な話をするのが恥ずかしいからというのもあるし、自分はモチベーションが複数あることが多いので正確に説明するのが難しいというのもある。

でも、今回は学生の終わりというひとつの区切りを迎えたので高校から大学院卒業まで、自分が勉強について考えていたことをできるだけ書いてみようと思う。

 

高校

高校生のころ、僕は本気で勉強するのはコスパが悪いと考えていた。学生時代を犠牲に自分の限界ギリギリまで頑張って学歴社会のミルフィーユを一段登るのが、人生をトータルで見て本当に良いことなのだろうか?自分は幸いにも勉強がそこそこ得意で、ろくに勉強せずともMARCHくらいにはいけそうだった。まあまあの学歴で、そこまで頑張らずとも周りの人たちよりちょっと出来が良い人間として評価される世界で穏やかな生活を送るのが幸せなのではないか。

一方で、僕は自分には勉強くらいしか取り柄がないとも思っていた。僕は身長は低いし、コミュ力もないし、オタクだし、目も悪いし、足は遅いし、顔も良くないし、人としての魅力がほとんどなかった。当時僕のことを好いてくれる女の子が一人だけいたが、きっと勉強もできなくなったらいよいよ何の価値もなくなった僕は見放されてしまうだろうと怯えていた。

ただ、この頃は希死念慮が強く、自分は成人する前に死ぬと信じて疑わなかった。死ぬのが怖くてあと一歩を踏み出せずにいたが、自分の理性は数年のうちにはきっと本能に打ち勝ち、この苦しい世界を終わらせるだろうから、勉強なんてするだけ無駄で残された時間を楽しむのが有意義な過ごし方である。

 

結局この頃僕は勉強に対して強い意味を見いだしていなかった。国立に落ちた時点で自殺しようと決心していたが、じっと電車を見つめるばかり結局あと一歩を踏み出すことはできなかった。受験が終わった時点で告白しようとも考えていたが、浪人することになったので一年後に先送りにした(当時は「勉強しか取り柄のない人間を好きになるような相手が、浪人中に告白なんかして喜ぶわけがないから」と理由づけていたが、今思い返すと怖かっただけかもしれない。それから一応言っておくが、相手が僕のことを好きだというのは僕の思い込みではない。そんなにヤバいやつではない)。

浪人

この記事の主題ではないので詳細は省くが、この一年は人生で最もつらい時期だった(この一年は今でも僕の性格や人生に大きな影響を与えているので、いつか書けたらと思う)。勉強どころではなく、予備校をサボって太宰治を読んでばかりいた。結局理科大に行くことになった。

大学

入学した時点で大学院受験のことを意識してはいた。まあ、6年間も田舎に通うのは嫌たし、学費も半分になるし、学歴厨である親戚一同も少しは浮かばれるだろうという軽い気持ちではあったが。

 

大学生活が進むにつれて、ある種のもどかしさが募っていった。僕はもともとパソコンとかインターネットが大好きで情報科に進んだ人間だったので、同じようにプログラミングやハードウェアに興味を持つような友人を期待していたが、残念ながらなぜか僕の周りはなんとなくこの学科に来たけどパソコンとか興味ないという友達が多かった。友達としてはすごく良い人たちで今でも仲良くしているけど、活動を行う環境としては不満だった。また、本当にこのままぬるま湯に浸かってていいのか?という疑問と、自分が本気でやってどこまで通用するのか試してみたいという気持ちが燻りはじめた。

 

一番の転機となったのは、正確な時期は忘れたが、たぶん三年生になる前の春休みに、当時付き合っていた彼女に「ろくろくんが頭良いのは知ってるけど、やればできるけどやらないみたいな態度はダサいよ」と言われたことだった。彼女は地元の中学の同級生だったので、僕が”全然勉強してないけどけっこう点取れたわ”みたいな感じでイキってる嫌な奴だということはよく知っていた。僕自身がちょうど今のままでいいのか悩んでいたこともあり、この言葉は強烈に僕を後押しした。それに、彼女は彼女自身が不器用なほどに真面目に頑張る性格で、その性格が好きで人生観にまで影響を受けていた僕にとって彼女の言葉はとても大きかった。まあ彼女には2ヶ月後にフラれたけど。もともと専門科目の増える三年生からは勉強に本腰を入れようと予定していたこともあり、ほとんどのサークル活動をやめ僕は勉強に多くの時間を割きはじめた。専門科目はどれもおもしろく、やはり自分はこの分野が好きだと確信し真剣に研究したいという気持ちも高まった。3年後期には周りにも大学院受験することを話し始め、春休みは図書館にこもり受験勉強とパズドラに集中した(この時に僕は、自分がおとなしく教科書を読み問題を解くことだけに集中するのは真面目とか本気とかの問題ではなく原理的に無理なのだと悟った)。元カノの言葉がずっと頭の中でリフレインしていた。

 

受験本番は圧倒的高得点というわけにはいかなかったが、まあたぶん受かっただろうくらいの点数は取れて、東工大に行くことになった。

大学院

受かりはしたが、問題はここからである。僕の目的は「やればできる子であることを証明すること」と「自分が本気で頑張ってどこまでいけるのかを知ること」である。大学院受験に受かったことで多少は達成できたかもしれないが、一般に、大学院受験は同じ学校の学部を受けるより受かりやすい。僕の受けた専攻の場合、だいたい外部生で落ちるのは半分、内部生で落ちるのは1割くらいだったから、まあ入学後ずっと遊んでいたのか一般的に内部生有利な試験に落ちるような人たちよりはマシである程度のことしか言えない。なにかしら、胸を張って自分はこの学校の同級生の大半より優秀だったと言えるような成果を出す必要がある。というか、大学院受験は学歴ロンダリングと揶揄されることがあり、プライドの高い僕としてはなあなあで卒業して最終学歴が変わっただけみたいな形になって叩く隙を見せるのは絶対に嫌だった。

 

ここで問題になるのは、一年分のハンデである。理科大でも東工大でも、研究室に最初に配属され研究を行うのは大学四年生である。大学院進学時にもう一度振り分けはあるが、基本的には同じ研究室に進み、三年間同じ研究室にいることになる。それに対して院進すると当然研究室が変わる。特に僕の場合、学部時代の研究室は進学先の研究室と全く違う分野だった(その上、教授が今年退官で全然やる気がなくほとんどまともに研究しないまま終わった)。一応進学先が決まった4年後期には週2で進学先の研究室のゼミに参加し勉強してはいたが、それでも普通3年かけて勉強するものを修士の2年間でやる必要があった。

 

入学後、僕は土日も含め毎日最低8時間は勉強/研究することを自分に課した。平均的な学生は週に40時間くらい研究するだろうと見積もり、3年分を2年でやる僕はその1.5倍費やさないといけないので土日を含めて週56時間である。残りの4時間は4年後期の貯金で賄えるだろうという計算だった。流石にこのルールを完全に守れたかというと微妙だが、それでも今までにしたことのない量を勉強した。かなり苦しんだことも多かったが、最終的にはふたつの学会で受賞し、国際会議にも論文を投稿し査読結果待ちである。研究そのものだけでなく、フロントエンドやバックエンド、AWSも多少勉強して研究のデモを作って会社で実際に使ってもらったりもした。立ち上がったばかりの研究室だったのでサーバーの導入やネットワーク環境の整備などもした。振り返ってみて、僕が自分に期待していたほどではなかったけれど、それなりの能力は示せたんじゃないかなと思う。

おわりに

この数年間はそれなりに満足している一方で、多くの後悔もある。特に、今の彼女と付き合いはじめた修士一年の11月以降は8時間ルールも全体的な勉強量も落ちてしまった。彼女がいなければ精神的にしんどい研究生活を続けられなかったとも思うのでしょうがないことではあるが、それでも自分がもっと精神的に強ければより多くのことを学べただろうと思うと悔しい。もっと基礎をしっかり勉強していれば理解も深まっていただろうし、研究ももっと手数を多くできればより良いものになっただろうと感じている。努力もまた才能であり、自分はその才能にはあまり恵まれておらず、それが自分の限界なのだと思い知った。また理解力や記憶力に関してもこのレベルだと普通程度でしかないのだと思い知ったし、特別研究の才能があるわけでもなかったし、特別エンジニアリングの才能があるわけでもなかった。僕は人より少し勉強ができて少しコンピュータが好きなだけの凡人だった。

 

とはいえ、僕の過去に棲む亡霊をいくらかは倒せたように思う。それに、僕はやはりコンピュータサイエンスが好きだと確認できたこともよかった。この数年を通して人生に対する絶望もさらに深まり、いよいよ死ぬのが一番マシな選択肢だと改めてわかったけれど、どうせ死ねないのだから、次善の策として、僕は僕自身のために勉強しようと思う。

 

 

【日記】 リバッタル

今日は10日ぶりに研究室に行きました。

修論発表が終わって卒業がほぼ確定してから、しばらく研究や雑務から離れていろんな人と遊んだり旅行したりゲームしたりしていたのでひさしぶりです。なぜか休んでるのにメンタルがバッド入ってましたが……。

今朝国際会議に投稿していた論文のレビューが返ってきてたので、とりあえずそれを読んでいました。自分が論文を投稿した学会では、一度査読者のレビューを受け取った後、リバッタルと言って反論の機会が一度だけ与えられます。リバッタル後に論文を採択するか否かの最終的な判断が下されます。

リバッタルを行うには当然レビューに含まれる批判的な意見に目を通す必要があります。これがけっこうしんどい作業で、特に僕のように初めて論文の査読を受ける人にとって自分の研究のだめなところを列挙され、それを読み込むのは精神にクるものがあります。隣の席に座ってる博士課程1年の先輩も、初めて受けた査読のレビューは辛くてまともに目を通せなかったそうです。

幸い、自分は研究に対する批判とかにはけっこうずぶといというか、もともと自己肯定感が低いからか批判されても「まあ所詮僕のした研究だし……」ってなってそこまでダメージを受けないので、つらかったもののなんとか読み進めることができました。想像より評価が高くて、うまくいけば採録されそうなスコアだったのもあるかも。フォロワーに不穏な空中リプライされたりいいねがいきなり激減して「なんか気に障ること言っちゃったかな……。」ってなるほうがつらかったですね。ツイッターやめてえ……。

とはいえ、しばらく遊び呆けていたので頭があんまり回らず十分な反論を書ききることはできず、そもそもまだ日本語で書いてて英語で清書もしないといけないので、明日もリバッタルに費やすことになりそうです。大学院とかいう精神破壊施設がよ……

ゲームしてるだけ

数日前に僕のゲーム垢でこんなツイートをしました。

 LoLっていうのは世界一プレイ人口の多いゲームで、eスポーツとしてプロの試合の観戦も人気です。僕もよく観戦してます。

上のツイートの通りLoLはやめてしまったんですが、リア友がツイートに反応してフォートナイトに誘ってきたので今日はフォートナイトをやっていました。

フォートナイトって知ってますか?PUBGとか荒野行動と同じジャンルの、100人で殺し合って最後に生き残った人が勝ちというゲームです。

フォートナイト特有の要素としてクラフトというのがあって、その場で壁を立てたり階段を作ったりできて、それがすごい重要で瞬時に適切に配置して防御したり足場を作ったりしないといけないんですけど、これが難しくて、すぐミスって蜂の巣にされて死ぬんですよ。許せねえ……

それはそれとして、リア友と通話しながら4人でゲームしたのは楽しかったです。

寝てたら彼女に怒られた

いつも引きこもって一日中PCの前に座っている生活だったのに、昨日は寝不足の状態で一日中ディズニーを歩き回ったので今日は反動でぐったりしてました。 修士課程のイベントが一通り終わった反動の無気力状態が抜けきっていないことも手伝って、本当は部屋の片付けをして研究室にも行くつもりだったんですけど、何もできなかった……。

彼女も部屋を片付けるって言ってたのに結局終わってないって怒ったり泣いたりしててなだめたり慰めたりしないといけなくて本当に参った。 まあ、僕が部屋を片付けないのが悪いんですが……。 彼女曰く、しっかりしてるところを見せようと思って怒ったけど怒るの苦手すぎて泣いちゃったらしい。 いつもは全然怒らない人なんだけど今日は何言っても怒るし急に泣くし本当に何事かと思った。

まあ、今までいつも何かに追われ忙しそうにしていた僕が急にゲームするか寝るかの二択しかない廃人みたいな生活をしはじめたら怒りたくもなるよね(?) 彼女と初めて会ったのが修士一年の夏だったので、これまでは研究を熱心にしている真面目な人というイメージだったのが化けの皮が剥がれ始めているのかも……。

ディズニーシーに行きました

修論発表も終わり、一応ほぼ卒業が確定したということでディズニーシーに行ってきました。

ディズニー自体は去年上海で行ったのですが、東京ディズニーシーは10年ぶりくらい。

新アトラクションのソアリンにも乗りました。

昔は友達が絶叫系好きだったこともあっていつもひたすらジェットコースターとか乗ってた(センター・オブ・ジ・アースに一日で二回乗った記憶もある)んですが、今回はそのへんはあまり回らず、他のアトラクションを中心に回りました。 何度か来てるはずなんですけど、アトラクションどころかエリア自体が見た記憶がないところがけっこうあったので、いろいろ回れてよかったです。

自分へのおみやげとしてジェラトーニくんをお迎えしてきました。

僕が写真を撮るのが下手なせいでFXで有り金を全部溶かした人みたいな表情になってますが、かわいいです。

修論発表終わりの助

こんばんは、修論発表終わりの助です。

修論発表が終わりました。

ついに自由の身になったので今日はひたすらゲームをしていました。

しばらく忙しい時期が続いていましたが、少なくともこれから4月まではけっこう暇なのでよかったら遊んでください。

これからはブログも毎日書こうかなと思っています。

ろくろの2019年よかった曲10選

2019年に発表された曲の中でよく聴いたな〜という曲を中心に10曲を選んでみました。さらに、その後10曲以外でこれも良かったという曲をリストアップしました。

よかった曲10選

一応動画の投稿日付順に並べましたが、発表された日は前後してるかもしれません。

1. DECO*27 - 乙女解剖 feat. 初音ミク

OTOIRO体制になって初めて発表した曲。前作のアルバム『GHOST』の曲はわりとゴリゴリでアップテンポなボカロ〜!って感じの曲が多かったけど、昨今のボカロ界隈の流行りを汲んで(?)ちょっと遅めのテンポでおしゃれな音使い。妄想感傷代償連盟とかこれとか、DECOさんの進化を感じる。歌詞はいつものDECO*27で、僕らボカロ世代のメンヘラにとってバイブルであり続けている。MVも良い。

2. King Gnu - 白日

King Gnuはちょうどこの曲が発表される前くらいによく聴いてたので、これもMVが投稿されてすぐに聴いて最高だと思いました。全体的にPrayer Xを彷彿とさせる曲だけど、白日はPrayer X同様静かな冒頭のあと、白日だとAメロ井口のファルセット->Bメロ常田の拡声器->サビで井口が地声になる、という段階を踏むことでうまくサビまで盛り上げていっててサビでみんなかっこよ…となる仕組みになっています(たぶん)。歌詞もサビまではぼやくような話しかけるような口調だがサビに入ると断定調になりかっこいいパンチラインが続いています。ていうか、Prayer XはMVが怖すぎる。泣く。それはともかくこの曲、邦ロック界では大いにウケるだろうと思っていたがまさかこんなに売れる曲になるとは思いませんでした。米津とかヒゲダンもそうだけど、AメロBメロサビさえ存在してればあとはわりとなにやっててもメジャーシーンでも許容されるようになってる感じがします。井口はSrv.Vinciのころのビジュアルに戻ってくれませんか……?

3. ヒトリエ - SLEEPWALK

これから盛り上がっていくバンドだと思っていました。SLEEPWALKも、この曲が公開された日からずっとすごく良い曲なので聴いてみてください。

4. Billie Eilish - bad guy

今年の頭に大ブレイクしたBillie Eilish。アルバムの始まり方がいいですよね。めっちゃリピートした。なんでこんな一生聴いていられるのかはよくわからない。

5. Marshmello - Here With Me Feat. CHVRCHES

そこまで人気出なかったけど僕は好きな曲です。歌詞がいいよね。歌詞の各節の最後が毎回”'Cause I need you here with me”(和訳すると”私はあなたがここに必要だから”)(意訳すると”私はあなたがここにいてほしいから”)になってるんですが、最後までは「あなたがここにいてほしいからいつも息が苦しくなる」とか「あなたがここにいてほしいから毎晩眠るのが難しくなっていく」と、あなたがいなくてつらいという意味合いなんですが、ラストは

Can I tell you something just between you and me?

(私とあなただけの間だけで話したいことがあるんだけどいい?)
When I hear your voice, I know I'm finally free

(あなたの声を聞くとき、私はついに自由だって知る)
Every single word is perfect as it can be

(すべての言葉がこれ以上ないほど完璧だ)
'Cause I need you here with me

(私はあなたがここに必要だから)

となって、同じフレーズだけど状況が反転しています。MVでもこの流れが反映されてていいものになってます。

6. ナナヲアカリ - オトナのピーターパン

僕はもう10年くらいずっとピノキオピーが一番好きなボカロPで、ナナヲアカリもけっっこう好きな歌手で、このMVのイラストを描いてるぬくぬくにぎりめしさんも好きでこのあいだコミティアで画集を買ったくらいなのですが、三人が合わさり最強に見える曲。歌詞は大人になるから社会に出てしっかりしなきゃいけないけど怖いよ〜って感じの内容です。怖いよ〜〜

7. でんぱ組.inc - ボン・デ・フェスタ

人生には出会いや別れや物語のエンディングになるような出来事がいくつもあるけど、死なない限り必ず人生はその先も続いていくんだよな、ということを個人的によく考えるんですが、今のでんぱ組がこの曲を歌うことは重みがあっていいなと思います。衣装も可愛い。亀は怖い。

8. 馬と鹿 - 米津玄師

米津玄師自身もブログでスランプで苦しんでると言ってましたし、僕もこの曲を超おすすめとは言いませんが、それでもやっぱり聴き応えはありよく聴いていたので選びました。ほんとは『海と幽霊』を選びたかったのですが、元ネタの『海獣の子供』を原作も映画も見てないのでやめました。海と幽霊は「叫ぼう 今は幸せと」というフレーズともちろん「大切なことは言葉にならない」が好きです。たぶんこのフレーズでたいていの人は星の王子さまを想起すると思うし、米津玄師もそれを意識してると思いますが、一方で”言葉にできないものがある”というのは1stのころから米津玄師がよく扱うテーマでもあるので、それもふまえて歌詞やメロディを味わうと楽しいかも。

9. 金森まりあ (cv.茜屋日海夏) - シアワ星かわいい賛歌

 宗教音楽ですね。知らない方のために軽く説明すると、プリチャンという女児向けアニメのキャラクター、金森まりあさんの持ち歌です。金森まりあさんは全てはかわいいという信念を持っていて、本人やかわいい向上委員会の活動を通じて布教に努めています。

二番のサビはこんな感じです。

一富士二鷹三かわいい♡
夢見るパワー あら!かわいいね♡【いいね♡】
五ゾウ六プに超かわいい♡
この地球♡すごい♡丸い♡かわいい♡【かわいい♡】

 この意味がわかりますか?かわいいですよね。

 

10. Lanndo - 祈りは空っぽ

 ボカロPぬゆりが自分で歌うときの名義である、Lanndo。二曲目の『祈りは空っぽ』は『命ばっかり』の系譜で、ネガティブな歌詞にだるそうな歌声、キャッチーなメロディの組み合わせが好きです。

選外 - 惜しくも10選から漏れた曲たち

米津玄師 - パプリカ(カバー)

スピッツ - 優しいあの子

ピノキオピー - 内臓ありますか

ピノキオピー - 恋の恋による恋のための恋

ピノキオピー - アルティメットセンパイ

Billie Eilish - bury a friend

大森靖子 - VOID

PSYQUI - 私が必要なんでしょ?ft. such

女王蜂 - Introduction

久川凪 and 久川颯 - O-Ku-Ri-Mo-No Sunday!

End of the World - Lost ft. Clean Bandit

DIVELA - すすめ!さいつよ堕天使 feat.音街ウナ

Will Smith - Friend Like Me (from Aladdin)

Base Ball Bear - いまは僕の目を見て

@ほぉ~むカフェ - あいこめ♡フォーエバ

MARETU - しう feat. 初音ミク

YOASOBI - 夜に駆ける

わーすた - 遮二無二 生きる!

ヨルシカ - だから僕は音楽を辞めた

本城香澄 (cv: 岩橋由佳) - せーので跳べって言ってんの!

ツミキ - ヒウマノイドズヒウマニズム feat. 初音ミク

Ayase - ラストリゾート feat. 初音ミク

Ayase - 幽霊東京 feat. 初音ミク

くじら - 金木犀 feat.Ado

Kygo & Whitney Houston - Higher Love

Mrs. GREEN APPLE - インフェルノ

須田景凪 - veil

Eve - レーゾンデートル

Fling Posse - Strlla (fromヒプノシスマイク)

椎名林檎 - 公然の秘密

RADWIMPS - グランドエスケープ feat.三浦透子